知らないと危険!意外な所から紫外線!

顔のシミ、しわ、たるみには様々な原因があるといわれています。

自分自身の肌も堂々とすっぴんを人さまには見せられないと自信をなくしていた時、ある動画を見てびっくりさせられました。

もっと色々な肌トラブルを防ぐ方法を試さなくては、と考えさせられたのです。

その内容は、おもわぬ所からの紫外線、でした。

紫外線は肌トラブルを引き起こす大敵だということは知っていましたが、紫外線は上から降り注いでいるだけではなく、地面から反射してくるというのです。

その説明によれば、紫外線はアスファルトの上では10%ほど反射をし、砂浜からは10%から25%もの紫外線が反射、新雪からはなんと80%もの紫外線が反射してくるというのです。

今まで、紫外線は直接太陽から降り注いできていると思ってましたのでまさかそんなにもたくさんの反射率だったとは驚きです。

これからの紫外線対策としては、日傘だけではなく、下からの紫外線のことも考慮し、あごの下や、足にもきちんと日焼け止めを塗って外出しなければと思いました。

今までスノーボードや海にも適当に日焼け止めを塗って出かけていましたが、それは絶対にダメだということが分かりました。

しっかり日焼け止めを塗って、ファンデーションを重ねて、冬でもスノーボードなどへ出かける際は一番気を使って対策をしていかなければならないということを学ぶことができました。

そして一番長い時間紫外線にさらされる日常生活においては、一番日焼けをする時間帯、お昼にランチへ出かける時などにも上着を一枚はおり、スカートで外に出る時は日焼け止めを塗って、なるべくならパンツスタイルに変更しようと思いました。

今までなるべくビルなどの日陰を歩くように気を付けてきましたが間違ってなかったみたいで少し安心しました。

今までのスキンケア対策に紫外線の反射率のこともプラスしてこれからも年中どこへ行くにも紫外線対策ばっちりで出かけたいと思います。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ